大阪 岸和田城

◎岸和田城

岸和田城は平成19年より観光施設として生まれ変わり、春は梅、桜などが楽しめ、その夜桜は城ごとライトアップされなかなかの美しさです。また、岸和田城で結婚式を挙げることができ、大安の日に訪れるとその祝福模様に出会えるかも!?
岸和田城 梅

◎岸和田城の成り立ち

岸和田城は建武元年(1334年)当時「岸」と呼ばれていたこの地に、和田一族が城を築き、拠点としたことから「岸の和田氏」と呼ばれ、岸和田という地名の由来となったといわれています。1827年に落雷により天守から本丸の櫓(やぐら)など多くが焼失しましたが、1953年にもう一度お城を見たい!という岸和田市民の力により、復興されました。そして、1992年に約1年かけて壁、屋根、しゃちほこなどを大改修さらに美しくなりました。
岸和田城

◎ご案内

開場時間:午前10~午後5時(入場は午後4時まで)
天守閣入場料:大人300円 中学生以下無料
団体割引:25人以上3割引
休場:毎週月曜日(祝日の場合は開場)、年末年始、展示入替の場合の臨時休業
お城祭り:4月1日~15日は常に開場
岸和田城公式HP http://www.city.kishiwada.osaka.jp/
岸和田城 時計台

◎お弁当を持っていって散策しよう

春の時期はやっぱり桜がきれいなので、お弁当を持っていってお城周辺を散策するのも良いかもしれません。(※ただしバーベキューは禁止です)二の丸広場やお堀の周辺でピクニック風の家族連れをよく見かけますし、この時期だけは我が家も行きます。また、岸和田城の近くに『お屋敷・岸和田五風荘(http://www.gankofood.co.jp/yashiki/gofuso/)があり、そちらでランチをするのもなかなかおしゃれでオススメです。
岸和田城 桜
(写真撮影:ライター だいる)